一般社団法人 日本リスクコミュニケーション協会 Risk Communication Institute of JAPAN

資料の請求

協会の活動や講座についてお知りになりたい方

説明会に参加

迷った方はまず無料オンライン説明会へ

資格をとる

危機を好転するコミュニケーションを学ぶ

未経験から最高の学習効率でRCスキルを習得

資格の種類と特徴ビジネス社会における「プロの時代」が幕開け

基本的な要素を抑えることを目的とした、未経験者でも受講可能な「RC技能認定第1種」と、2年以上の実務経験を踏まえて、外部に有償でアドバイスできる知識を習得できる「認定RCアドバイザー」、5年以上の実務経験を踏まえて、RCIJの資格認定のプログラムにて、講師を務めることが可能なレベルの知識及び実践を習得できる「認定RCエキスパート」の3つの階層による認定資格講座になっています。

  • RC技能認定第一種RC技能認定第一種RCに必要な基本的な要素を抑えることを目的とする。未経験者でも取得可能。
  • 認定RCアドバイザー認定RCアドバイザー「RC技能認定第一種」の保持者及び2年以上の実務経験を有する者が対象。外部に有償でアドバイスできる知識を習得することが可能。
  • 認定RCエキスパート認定RCエキスパートRC領域にて5年以上の実務経験を踏まえて、包括的なRC力を有しRCIJの資格認定のプログラムにて、講師を務めることが可能なレベルの知識及び実践を習得することが可能。

資格取得のメリット

RCのスキルがあれば組織を守り強くする

  • 個人や、在籍する団体の評価向上につながる
  • これからの時代に不可欠なRCスキルを、フルオンラインで完結する学習環境で学ぶことができる
  • 最先端のRCスキルを身につけて、重宝される人材になることができる
  • RCスキルを駆使し、組織の課題解決ができようになる
  • 交流会で技能のレベルアップが図れる

こんな方におすすめです

  • 新たなスキルを身につけキャリアアップ、キャリアチェンジをしたい方
  • 個人(コンサルタントや個人事業主等)、事業継承予定者
  • 上場を視野に入れている企業の方
  • 現在、または将来的に経営管理全般、バックオフィスの仕事に関わる仕事に興味のある方
  • 経営層、経営管理部門責任者で危機発生時のコミュニケーション人材発掘を考えている方
  • 組織の中で、経営者と同じ視点で、危機管理に関するコミュニケーションのエキスパートを目指したい方
  • 議会議員、政治家、行政担当者
  • 外資企業広報担当、外国人留学生

講座の特徴

  • 全ての授業がフルオンラインで受講全ての授業が
    フルオンラインで受講
  • 第一線で活躍する講師陣第一線で活躍する講師陣
  • ファシリテーター+講師&双方向形式の授業だからわかりやすく学べるファシリテーター+講師&
    双方向形式の授業だから
    わかりやすく学べる
  • 短期集中スタイルで結果が出る短期集中スタイルで結果が出る
  • 未経験からでもRCの専門知識が身に付く未経験からでもRCの
    専門知識が身に付く
  • 気軽に講師に質問できるから挫折しない気軽に講師に
    質問できるから挫折しない

講師陣- 国内外の前線で活躍する危機管理のトップランナーらが集う -

  • 白井 邦芳 白井 邦芳危機管理コンサルタント
    一般財団法人リスクマネジメント協会顧問
    ゼウス・コンサルティング(株)代表取締役。早稲田大学教育学部卒業後、AIU保険会社に入社。2009年ACEコンサルティング(株)エグゼクティブ・アドバイザーに就任。危機管理、内部統制、事業継続、企業再生など幅広い分野で活躍。社会情報大学院大学教授。
  • 木村 恭子 木村 恭子日本経済新聞社
    編集委員
    津田塾大学卒。筑波大学大学院カウンセリング修士号取得。読売新聞、米ブルームバーグニュースなどで記者として、首相官邸、外務省、財務省、経団連などを担当。早稲田大学大学院非常勤講師。BSテレビ東京「日経ニュースプラス9」に出演中。
  • 山口 真一 山口 真一経済学者
    国際大学准教授
    東京大学 客員連携研究員
    2015年に慶應義塾大学にて博士号取得し、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)助教などを経て現職。専門は計量経済学。ネットメディア論、ネットビジネス、プラットフォーム戦略などを主に研究する。IT企業や研究機関のアドバイザーも務める。
  • 小川 義龍 小川 義龍小川綜合法律事務所所長
    弁護士
    早稲田大学法学部卒業。日弁連代議員・東京弁護士会常議員、広報室嘱託、広報委員会・非弁護士取締委員会各副委員長など歴任。サイボウズ株式会社監査役。企業顧問として危機管理・コンプライアンス管理等を指導。
  • 昆 正和 昆 正和事業継続研究家
    BCP/BCM策定・運用アドバイザー
    東京都立大学経済学部卒業。ソフトウエア開発会社等で長年にわたって経営企画・マーケティング業務を経験。米国同時多発テロをきっかけに事業継続計画の構築・運用方法やリスク管理のあり方について独自に調査・研究を進めている。
  • 永岡 英則 永岡 英則株式会社CARTA HOLDINGS
    取締役CFO
    一橋大学商学部卒業。(株)アクシブドットコム(現CARTA HOLDINGS)の創業期に参画後、CFOとしてサイバーエージェントの資本参加、MBO、東証上場、資本政策全般を担う。(株)ECナビベンチャーズ(現VOYAGE VENTURES)を設立し、代表取締役に就任。
  • 細窪 政 細窪 政グレートアジアキャピタル&
    コンサルティング合同会社(GACC)
    代表社員
    慶應義塾大学卒業。信託銀行を経て、日本アセアン投資(現日本アジア投資、東証1部)入社。2012年代表取締役社長に就任。2017年にGACCを設立。経営者向けコンサルティング事業を行ないながら、上場企業3社・未上場企業2社の社外取締役・社外監査役を務める。
  • 宮下 修 宮下 修ジェイ・フェニックス・リサーチ(株)
    代表取締役 CFA
    野村総合研究所、スタンスチュワートを経て、メリルリンチ証券で投資銀行業務を歴任。2005年よりジェイ・フェニックス・リサーチに参画。株主価値の理論に基づく体系的なアドバイスで、上場企業の時価総額を拡大させた実績多数。2009年より代表取締役。2013から2016年にUTグループの上席執行役員兼務し、中期経営計画の策定と実行を支援し株価を4倍に引上げる。
  • 吉川 徳明 吉川 徳明株式会社メルカリ
    執行役員VP of Public Policy
    経済産業省でIT政策、日本銀行(出向)で株式市場の調査・分析、内閣官房でTPP交渉等に従事。2014年、ヤフー株式会社に入社、政策企画部門で、国会議員、省庁(警察庁、総務省、金融庁等)、NGO等との折衝や業界横断の自主規制の策定に従事。2018年、メルカリに入社し政策企画マネージャーとして、eコマース分野やフィンテック分野を中心に、政策提言、自主規制の策定、ステークホルダーとの対話等に従事。
  • 田代 邦幸 田代 邦幸合同会社 Office SRC 代表
    国際危機管理学会(TIEMS)日本支部理事
    自動車メーカー、半導体製造装置メーカー勤務を経て、2005年より(株)インターリスク総研などのコンサルティングファームにて、事業継続マネジメント(BCM)や災害対策などに関するコンサルティングに従事した後、独立して2020年に合同会社Office SRCを設立。英国The Business Continuity Institute(BCI)日本支部事務局としての活動などを通して、BCMの普及啓発に取り組んでいる。
  • 大杉 春子 大杉 春子コミュニケーション戦略アドバイザー
    レイザー株式会社 代表取締役
    民間企業・地方自治体・省庁などのパートナーとして、PR戦略の策定から広報物の制作監修まで支援。コミュニケーション戦略における「攻め」と「守り」の両軸から経営広報の施策をサポート。2020年に専門家らとともに、日本リスクコミュニケーション協会を設立し、リスク管理から危機管理広報までを網羅した、リスクコミュニケーション人材の育成を展開する。

受講から資格取得までの流れ

  • お申込みRCIJ 学習サイトschool.rcij.orgで受講講座の申し込み(購入)を行う
    *認定講座の受講には会員であることが条件となります
  • お申込み完了メール受講講座の申し込み完了をメールにてお知らせ
  • 受講準備案内RCIJ学習サイト>受講コース>受講準備より「コースの受講について」を見る
  • 受講登録受講コース内の受講準備より「受講登録」を行う
  • オンライン講座開始開講日よりオンラインにて受講開始
  • 小テストまたは課題提出各講座の受講後に小テストまたは課題の提出
  • 認定資格取得理解度確認小テストまたは課題レポート等による評価にて、一定水準を満たすと受講講座の認定資格が授与されます。
説明会にご参加ください説明会にご参加ください

説明会にご参加ください

講座内容についてくわしく知りたい方や、受講を迷っている方にRCIJでは「講座説明会」を開催しています。お気軽にご参加ください。

パソコンとネット環境

  • パソコンとネット環境パソコンとネット環境インターネット接続用デバイス
    (PC、タブレット、スマートフォン)
  • ヘッドフォン・マイクヘッドフォン・マイクデバイスに接続するマイク、カメラ、イヤホンまたはスピーカー
  • ソフトウェアソフトウェアPDFの閲覧、Word・Excelの使用ができること(講義時にWord・Excelのツールなどを配布することがあります)
  • ビデオ会議ツールビデオ会議ツールオンライン講座を受講するには、受講システム(Zoom)のアプリケーションをインストールする必要があります。
    • ※ オンライン講座ではアプリケーションをインストールいただいた上での接続をお願いしております。
    • ※ アプリケーションは最新版をインストールしてください。

RCIJ専任コンサルタントによる
個別無料相談会を実施しています

個人の方はキャリア相談や受講相談など、法人担当者の方は企業研修や、
会員種別などについて、ご質問を個別にオンラインでお答えします。
どうぞお気軽にお申込みください。

.