リスクコミュニケーションとは[定義]


リスクコミュニケーションとは[定義]


私たちはリスクコミュニケーションを「有事の際に、迅速かつ適切に対応するための準備を進め、解決に導くために内部での情報収集と意思決定、外部への情報発信を行い、タイムマネジメントを意識した上でステイクホルダーとの適切な意思疎通を図ること」と定義します。

《平時》の役割とは?

経営に関する各専門分野の知識を広く習得し、事前準備とマネジメントを行う

  • 時代の流れを敏感に察知し、リスクのトレンドや
    傾向を把握
  • 顧客との双方向のコミュニケーションを図る
  • 緊急時チーム構築、対応マニュアル作成のスキルを習得
  • 交渉術のスキルを習得
  • BCP(事業継続計画)やBCM(事業継続管理)の理解

《有事》の役割とは?

タイムマネジメントを意識しながら対応し、各ステークホルダーに対して適切なコミュニケーションをとる

  • BCM(事業継続管理)の発動
  • 組織を俯瞰して情報の中心に立ち、専門家らとの連携
  • 内部での情報収集と意思決定、外部への情報発信
  • 緊急記者会見の開催
  • 危機管理広報の実施

《平時》の役割とは?

経営に関する各専門分野の知識を広く習得し、事前準備とマネジメントを行う

  • 時代の流れを敏感に察知し、リスクのトレンドや傾向を把握
  • 顧客との双方向のコミュニケーションを図る
  • 緊急時チーム構築、対応マニュアル作成のスキルを習得
  • 交渉術のスキルを習得
  • BCP(事業継続計画)やBCM(事業継続管理)の理解

《有事》の役割とは?

タイムマネジメントを意識しながら対応し、各ステークホルダーに対して適切なコミュニケーションをとる

  • BCM(事業継続管理)の発動
  • 組織を俯瞰して情報の中心に立ち、専門家らとの連携
  • 内部での情報収集と意思決定、外部への情報発信
  • 緊急記者会見の開催
  • 危機管理広報の実施

リスクコミュニケーター

- Risk Communicator -

平時/有事それぞれにおいて、リスクの可視化と対策を軸に各専門領域のセクションや人材とコミュニケーションをはかり、広い視野で会社や組織の《危機に対する万全の状態》を実現・維持する人材

リスクコミュニケーター

- Risk Communicator -

平時/有事それぞれにおいて、リスクの可視化と対策を軸に各専門領域のセクションや人材とコミュニケーションをはかり、広い視野で会社や組織の《危機に対する万全の状態》を実現・維持する人材

危機・リスクに関する用語の相違および比較

コミュニケーションの要素が入った瞬間に備えていないと対応できないため、平時からの準備が必要

RC技能認定第一種講座 第2期生受講申し込み受付中

RC技能認定第一種講座 第2期生受講申し込み受付中

リスクコミュニケーションのエキスパートを目指す方へ


日本の社会はいま大きな岐路に立たされています。

日本の社会はいま大きな岐路に立たされています。

これから高度専門性と市場性を兼ね備えた「エキスパート」が活躍する時代へと突入します。競争は厳しくなりますが、有事でも慌てず、迅速に力強く、柔軟でしなやかなコミュニケーションスキルを身につけることは、所属する組織の社員やクライアントが安全に安心してはたらける環境を創ることにつながります。RCIJの認定講座を通して、RC力を皆さんの新たな武器として身につけていただけたら幸いです。

※RC=Risk Communication/リスクコミュニケーション

リスクコミュニケーションのエキスパートを目指す方へ


日本の社会はいま大きな岐路に立たされています。

日本の社会はいま大きな岐路に立たされています。

これから高度専門性と市場性を兼ね備えた「エキスパート」が活躍する時代へと突入します。競争は厳しくなりますが、有事でも慌てず、迅速に力強く、柔軟でしなやかなコミュニケーションスキルを身につけることは、所属する組織の社員やクライアントが安全に安心してはたらける環境を創ることにつながります。RCIJの認定講座を通して、RC力を皆さんの新たな武器として身につけていただけたら幸いです。

※RC=Risk Communication/リスクコミュニケーション

RCIJの認定資格


RCIJの認定講座ではRCについて体系的に学べます。まず、基本的な要素を抑えることを目的とした、未経験者でも受講可能な「RC技能認定第1種」と、2年以上の実務経験を踏まえて、外部に有償でアドバイスできる知識を習得できる「認定RCアドバイザー」、5年以上の実務経験を踏まえて、RCIJの資格認定のプログラムにて、講師を務めることが可能なレベルの知識及び実践を習得できる「認定RCエキスパート」の3つの階層による認定資格となっています。

※認定講座の受講には会員であることが条件となります。

講座はBCP/BCM、危機管理広報/IR、コーポレートコミュニケーション、交渉術及びコミュニケーションの専門家、SNS炎上研究の第一人者、現役ジャーナリストなど、常に新しい情報をアップデートしながら講義展開ができる強力な講師陣を揃えております。

※RC=Risk Communication/リスクコミュニケーション

RCIJの認定資格について

RCIJの認定資格


RCIJの認定講座ではRCについて体系的に学べます。まず、基本的な要素を抑えることを目的とした、未経験者でも受講可能な「RC技能認定第1種」と、2年以上の実務経験を踏まえて、外部に有償でアドバイスできる知識を習得できる「認定RCアドバイザー」、5年以上の実務経験を踏まえて、RCIJの資格認定のプログラムにて、講師を務めることが可能なレベルの知識及び実践を習得できる「認定RCエキスパート」の3つの階層による認定資格となっています。

※認定講座の受講には会員であることが条件となります。

講座はBCP/BCM、危機管理広報/IR、コーポレートコミュニケーション、交渉術及びコミュニケーションの専門家、SNS炎上研究の第一人者、現役ジャーナリストなど、常に新しい情報をアップデートしながら講義展開ができる強力な講師陣を揃えております。

※RC=Risk Communication/リスクコミュニケーション

RCIJの認定資格について

最新NEWSが届くメールマガジン登録はこちらから

最新NEWSが届くメールマガジン登録はこちらから

RCIJメールマガジン登録

RCIJ会員


RCIJでは、RCについて体系的に学び、RCのプロフェッショナルを生み出す環境を創り出すことで、企業、行政、政治家等、さまざまな組織のRC力の底上げに寄与してまいります。加えて実践プロセスを通じて、資格保持者一人ひとりが所属する企業、組織、団体の危機対応に対応できる能力を身につけることを目指します。日本が危機管理先進国になるために、リスクおよびクライシスマネジメントに携わる多くの皆様と相互にレベルアップする環境を創り、成功体験を積み上げることを繰り返すことが重要です。共に学びながら、日本社会全体の危機管理力向上を目指しましょう。

※RC=Risk Communication/リスクコミュニケーション

RCIJ会員について

RCIJ会員


RCIJでは、RCについて体系的に学び、RCのプロフェッショナルを生み出す環境を創り出すことで、企業、行政、政治家等、さまざまな組織のRC力の底上げに寄与してまいります。加えて実践プロセスを通じて、資格保持者一人ひとりが所属する企業、組織、団体の危機対応に対応できる能力を身につけることを目指します。日本が危機管理先進国になるために、リスクおよびクライシスマネジメントに携わる多くの皆様と相互にレベルアップする環境を創り、成功体験を積み上げることを繰り返すことが重要です。共に学びながら、日本社会全体の危機管理力向上を目指しましょう。

※RC=Risk Communication/リスクコミュニケーション

RCIJ会員について